レーザー脱毛は意味が無い!?体毛が濃いと永久脱毛しても毛が再生するって本当なの?

レーザー脱毛は意味が無い!?体毛が濃いと永久脱毛しても毛が再生するって本当なの?

「体毛の濃さ」は毛の悩みの上位ランカー

多くの人が抱える毛の悩み。最も多いのは薄毛ですが、体毛の濃さを挙げる人も多くいます。そもそも男性にとっては頭髪が薄くなることと、それ以外の体毛が濃くなることは相関関係にあるため、双方とも悩みの上位を占めるのは当然の帰結と言えます。体毛の濃さについては、抜いても抜いても終わりが見えないことなどから、脱毛はおろか、除毛すら徒労であると諦めてしまう人が多くいるのが現状です。1本1本と手間をかけて脱くレーザー脱毛については、始める前から期待を寄せていない人もいるほどです。

体毛が濃い人にレーザー脱毛は本当に効果が無いのか?

レーザー脱毛は一般的に、毛根をレーザーで焼ききって毛が生えなくする施術であるため、理論的には処置した場所からは半永久的に毛が生えなくなります。一方で体毛が濃い人ほどそのことを実感しにくいと言えます。実際にレーザー脱毛を行って表面上は毛が無くなっても、数ヶ月するとまた生え揃ってしまう現状を目の当たりにすると、レーザー脱毛は全く効果が無いと施術を中断してしまう人もいるようです。しかし、レーザー脱毛の意味が無くなるほどに毛根は再生するものなのでしょうか?

レーザー脱毛は根気良く受け続けなければならない

答えから言えば、「毛根が再生した」というのは勘違いです。かなり長期的に見れば再生することはあるかもしれませんが、前述したようにレーザーで焼ききった毛根は再生しません。それでは体毛が濃い人は何故「毛が再生した」と錯覚するのか、それは毛が生え変わるサイクルに由来しています。毛は皮膚の表面に出て目に見えるようになるまで1~3ヶ月程度の時間がかかります。その間は皮下に潜伏しているのですが、レーザー脱毛を行った後にそうした毛が漸次顔を出してくることで、毛が再生したと勘違いするのです。レーザー脱毛は必ず効果があります。毛が濃いと悩んでいる人がその効果を実感するまでには、根気良く施術を受け続けなければならないのです。

レーザー脱毛とは、黒い色に対して反応する光を照射し、ムダ毛に吸収させて発熱させ、そこから発毛細胞に熱に因るダメージを与えて発毛能力を削いでいく方法です。